ドライヤーで髪は傷みません

「ドライヤー=髪が傷む」と、

ドライヤーを使わない方が意外と多くいますが、そんな事ないんです。

 

(ドライヤーを使わないメリットを、しいて上げるとしたら…、

ドライヤーを使っている時間と電気代の節約、位かな?)

 

確かに、使い方やり方間違っている傷みますよ。

でも、正しく使えば傷むどころか、髪だけでなく頭皮もダメージからる事が出来るんです。

 

しかも、自分で、サロン帰りのような仕上がりにだって出来ちゃうんです。

 

大切なのは、シャンプー後時間を置かずすぐに根元から形を作りながら乾かす事。

その際2~3段に分け下の段から乾かしましょう。

(1回に乾かす毛量が少なくなるので、時短&キレイにまとめるコツです)

 

また、いつまでも地肌が濡れていると、体温湿気細菌が繁殖し、

フケ・カユミ・抜け毛・ニオイなど、頭皮トラブルの原因になります。

 

そればかりか、髪は濡れている時、キューティクルが開いているので、

その隙間から間充物質(髪の内部を満たしている成分)が漏れ出てしまいます。

 

そうすると、ツヤを失い、ゴワつき・パサつきの原因にもなります。

 

そう、自然乾燥の方が傷むんです!!

 

髪は1か所でも濡れている所があると、そこからジワジワと湿って崩れていくので

せっかくブローしても、ヘアスタイルの持ちが悪くなります。

 

そして最後の仕上げに冷風を当てて、荒れたキューティクを整えるとツヤUP!

ボリュームもコントロール出来ます。

 

もっと詳しく知りたい方は、

髪質や髪の状態・ヘアスタイルによって、人それぞれのやり方があるので、ご相談ください。

 

ハヌル -空- は、キレイでいたいと願う方を 全力でサポートいたします。