ヘアカラーの仕組みを知ろう

ヘアカラーをしている方、多いと思いますが、種類や仕組み知っていますか?

 

私達の髪の中には、メラニン色素があります。

日本人は、メラニン色素が多いので、髪の色が濃く(黒く)見えるんです。

ちなみに、メラニン色素が作られなくなると白髪になります。

 

< ヘアカラーは大きく分けて2種類 >

1.髪の明るさを変えず色味だけを付ける酸性カラー(ヘアマニキュア等)

薬剤が髪の表面にとどまり発色します。

メラニン色素を壊さないので、髪の明るさは変わらず白髪部分のみ発色して見えるのが特徴です。

 

地肌に付くと色が落ちなくなるので、根本まで染められません。

・髪が濡れる色落ちします。

・カラーチェンジ(色味を変える)する場合、髪に残っている薬剤の影響で、希望の色味にならない場合があります。

・本来、髪の表面のみに付着するはずが、ダメージによりキューティクルの隙間から髪の中に入り込んでしまうと、薬剤の影響パーマがかかりにくい(かからない)、取れやすいナド、影響が生じる場合があります。

 

2.髪の明るさと、色味を変えるアルカリカラー(白髪染め・ファッションカラー等)

ブリーチ成分を含んだ薬剤と色味を含んだ2つの薬剤を混ぜ合わせて使用します。

毛髪内のメラニン色素をブリーチ(脱色)し、髪を明るくしながら薬剤に含まれる色素が定着する事で発色します。

この2ステップで、髪の明るさ色味、両方を変える事が出来るんです。

 

ただし、酸性カラーと同様、黒染め等、濃い(黒い)色素の含まれた薬剤で染めた髪は、毛髪内部に残った薬剤(色素)の影響で明るくならない希望の色にならない場合があります。

 

アルカリカラーは髪が傷むイメージがあると思いますが、最近の薬剤は質が良くなっていますし、美容室ではダメージを緩和させる処置をしている所もあるので、正しいホームケアでダメージを十分コントロール出来ます。

 

ハヌル -空- のヘアカラーは、髪と地肌に優しい低刺激性の薬剤を使い、ダメージ部分の保護・ダメージ緩和処置も出来ます。

 

次回は、「美容室のカラーとホームカラーの違い」についてです。